>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
虹色の笑顔
2006/04/08(Sat)
先日受け取った外書講義の課題が膨大な量で、今から萎えまくってる風雪姫です、こんばんわ。


早いもので私ももう3回生になるわけですが、おかげさまで今のところは順調に進んでます。けど、3回生はかなり忙しそうです。


さてそれはさておき、今日はROについての重たいようなそうでもないような話。

私はギルマスには向いてないんだろうなぁと思うことが最近しばしばあります。というよりも、ギルマスを始めてからこれまで3年間の間、何度も思ったことがあります。


そして、なぜ私はギルマスをやめないんだろう、と。


その答えを見つけることが、いや、再確認できたのは先日の期間限定で公開されていた「Rag.D Project」様のTOP看板のおかげでした。


画面を保存してるわけではないのでうろ覚えなところもあるのですが、RO(というよりネトゲ全般)に関する管理人様の思いが述べられていました。


昔のほうがよかったと各所で言われているROですが、そのTOP看板に書かれていた事を見て、私は少し思うところがありました。


『確かにシステムや仕様は大きく変わったけど、人と人とのつながり、ROで知り合った人たちやあるいはまったく見ず知らずの人たちと会話したり、心を触れ合えたりできるという意味では、今も昔もまったく変わっていない』


そのTOP看板をみて私なりに解釈した結果が上記のようなものです。


ネットというのはときに槍玉にあげられます。そしてあまりいいようには言われないこともしばしばです。


しかし、Rag.D Projectの管理人様もおっしゃっていたように、決してそういう面ばかりではないのも事実だと思います。私もネット、ROをやりはじめて随分知り合い、ネット友達が増えた気がします。毎日のように会話を交わす人もいるくらいです。


その人たちとネットを通じて、笑い、悲しみ、怒り、喜び…様々な形で交流を持つのはとても楽しいことだと思います。


ネットがいいものになるか悪いものになるかは、結局は本人次第だということを痛感した気がします。


多分私がギルマスをやめないのも、それを本能的にわかってるからじゃないかなぁとか、ちょっぴり思ったり。


ギルマスにとって一番の喜びは、ギルメンとの時間を共有することです。少なくとも、私にとっては。


相談にのったり、相談にのってもらったり。時には真剣に議論を交わしたり。


険悪なムードになることもあるけれど、すぐにまた笑って遊べる仲間がいるのは良いことだと思います。


たぶんそのときの笑顔は、雨上がりの虹のように綺麗で、輝いてるものなんでしょうね…なんてキザないい方ですが、でも、ホントそう思います。





FC2ブログランキング参戦中!最近踊り子考察ができてませんが、近いうちにまた記事を出す予定です!
スポンサーサイト
この記事のURL | ROの話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<04月09日Gv日記 | メイン | うーん…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/81-22aa54d6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。