>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マリオネットコントロール 考察その2 -育成支援-
2006/03/12(Sun)
クラウン&ジプシースキル『マリオネットコントロール』に関する考察 その2


スキルの詳細はこちらからどうぞ。(OWN RAGNAROK様)


マリオネットコントロールは簡単にいえば、自分の素のステータスの半分を対象に分け与えるスキルです。ジプシーの場合、ほとんどの方はDEXメインではあとはVIT・AGI・INTなどに振ってる方も多いと思います。つまり、主にDEXについて、かけた相手にプラスすることになりますね。


製造支援などが主な使用目的になると思われますが、その他にも特にノビ~一次職中盤までの育成支援にも役立ちます。


単純に考えて、DEXカンストのジプシーの場合、DEX+49の補正が受けられるわけですから、序盤のノビや一次職にとってはかなりありがたいHIT稼ぎになると思います。さらにはアーチャーの場合、弓の攻撃力も同時にあがりますから、育成のスピードはかなり速くなるでしょう。


ただ、注意しなければならないのは、マリコンは術者から7セル以内しか範囲が及びません。つまり、8セル以上離れると自動的に切れてしまいます。移動が激しい場合は結構かけなおしが大変なのが欠点です。


また、一次職中盤以降になると、『製造支援』の項目で述べたマリコンのステ上限99の制約により、特にアーチャーなどではマリコンをかけるよりもブレスなどをかけたほうが効率的なこともあります。あくまでもマリコンは序盤の育成支援で使うのがいいと個人的には思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 踊り子考察 -スキル編- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マリオネットコントロール 考察その3 -PT支援- | メイン | マリオネットコントロール 考察その1 -製造支援->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/8-f380087f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。