>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アンフェアなのは誰か。
2006/03/22(Wed)
今日はROとは違うお話。昨日で最終回を迎えたドラマ『アンフェア』を見て思ったことを。少し重い話かもしれません。


ただ、微妙にネタバレの可能性もあるので、見たくない人はスルーで。



『アンフェア』は篠原涼子さん演じる主人公とその夫が謎の連続殺人や誘拐事件を通じてやがてそれらをとりまく大きな渦に巻き込まれていくという話。詳しくはネタバレの可能性もあるので避けておきます。


配役とかはともかく、この話、いまさらながらはっとさせられることも多かった気がします。ラストは割りと想像がついたのでがっかりした人も多いかもしれませんが、個人的にこの真犯人の心情にすごい同感しました。


『世の中には、フェアなことなど何一つない。』


私はこれを肯定はしませんが、否定もしません。ただ、ある意味正しいのだとは思います。世の中で公平なことは非常に限られています。スポーツの世界では『フェアプレー』の精神がよく言われますが、実際どうかというと必ずしもフェアとはいえないときもあります。先日のWBC、日本が優勝してとても喜びましたが、その過程を振り返ったとき、必ずしもフェアな試合だったかというと、皆さんもそうは思わないでしょう。


ドラマの話、というよりも私の思うことに戻りますが、世の中には裁かれるべき人間が裁かれず、本来なら苦しむはずのない人が苦しむということは多々あります。


しかし、だからといって裁きを公に求めることができるのはごくわずかです。結局、見つかるか見つからないかの世界でしかない。そして加害者、あるいは行為者はその意識があるからこそ、やめようとしない。


常にフェアな世の中などありません。もしあるとしたら、自分自身が其の時々によって『フェア』を貫くことしかできないのかも。今回の真犯人はある意味『フェア』であり、しかしやはり社会としては『アンフェア』だったのかもしれませんね。






今回はROのお話ではないので記事のほうにはランキングへのリンクははりません。もし話に共感された方がいたら、右メニューのバナーを押していただけると幸いです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 徒然日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GvG総合 考察その4 -ブラギタロット- | メイン | 作っちゃいました>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/60-2b11b3f3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。