>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アローバルカン 考察その1 -欠点考察-
2006/03/12(Sun)
ジプシー&クラウンスキル『アローバルカン』に関する考察メモ その1


スキルの詳細はこちらからどうぞ。(OWN RAGNAROK様)


現時点で通常狩りにおけるクラウン&ジプシー最大スキルといっても過言ではないアローバルカンについてです。今回は特にこのスキルのクセについて考察してみます。


装備や属性、敵によってはプチ阿修羅なみのダメージを発揮することもできるアローバルカン。転生前はDS一筋だった私も、このスキルのおかげで一気に火力をあげることができました。


しかしこのスキル、実は意外に欠点も多かったりします。
①スキルモーションが長い。
亀Dでの2PC狩りを始めてからなおさら感じたのですが、このスキルはモーション時間が体感的に長いです。モンクの発頸と異なり、思った以上に連打ができません。


②DEX型でないと詠唱時間も長い。
私の場合はDEXカンスト済みですので、ブレスがあれば無詠唱になりますが、DEX130台くらいまでは結構詠唱時間も長いです。おまけに詠唱中にダメージを受けると中断されるので、ASPDが早い敵や一度に多数の敵を相手にするときはきつくなると思います。


③威力は大きい反面、単発式なので沸きに弱い。これが最も致命的だと私は思っています。無詠唱であっても、一発ごとに大きな隙ができるので複数相手のときはかなりつらいものがあります。特にVIT型の方の場合は相当な被ダメを覚悟しないといけないでしょう。


④高火力と入っても、DEF無視ではない。
つまり、硬い敵には効果は半減です。たとえばホロンなどの場合、属性・特化をそろえてもArV10でダメージが200か300そこらしかでません。シーズや対人でArVがあまり注目を集めないのはこれがひとつの原因にもなっています。




これらの弱点を踏まえると、ジプシーのArVがもっとも効率よく使えるのはペア狩りのときだと思われます。LAもちのプリさんと組めば大抵どこでもいけますしね。マグニありの場合、大抵の狩場では素でInt30ちょいあればほとんどSPは枯れません。ただし、ArVのスキルレベル調節がいりますけどね。


ソロにしろペアにしろPTにしろ、ArVはまず大前提として単発スキルであるということを念頭において狩りをしたほうがいいと思います。スキルのクセをつかめば、十分使いこなすことのできるスキルでもあります。特に単発スキルであり、モーションディレイが長いという点を上手く補うには、敵に応じて矢撃ちと使い分けたりするとある程度はカバーできると思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 踊り子考察 -スキル編- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヘルモードの杖 考察その1 -使い方予測- | メイン | 運命のタロットカード 考察その1 -カード効果予測->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/6-4e8a2037

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。