>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うーむ
2011/06/15(Wed)
震災から数か月がたち、少しずつ落ち着きを取り戻しつつある半面、被災地の方々はまだまだ大変な生活を送られている現状があります。


それと同時に、今テレビでも話題になっているのが原発に対する是非です。

私自身、原発の存在がいいか悪いか判断できませんが、色々な人の話を聞いていて一つだけ思ったのは、
「批難や議論はするけど、解決策が見いだせていない」ってことですかね。

原発の危険性は確かに存在します。というより、この世に100%安全なものなどまったくないと私は思います。

問題は、現状の私たちの生活を考えたうえで、多少のリスクがあってもそれを使わざるを得ないかどうか、ということです。

実際震災直後の計画停電などを見ていても、もし原発が今なくなったら、私たちの生活機能の一部はマヒするでしょう。代替可能なエネルギーの研究は各機関・大学等でも盛んにおこなわれていますが、どれも私たちの需要を満たせるほどの実用化には程遠いのが現状です。

また、日本のように四季の違いがある場合は特に環境面での問題もあります。たとえば原発の代わりに太陽光発電という話がありますが、少なくとも今現在、発電効率は原発には遠く及びませんし、日本のように雨が多い、特に梅雨のような季節の場合は発電自体できない日も少なくないでしょう。別の例として、風力発電のような方法もありますが、日本の場合は風車を設置するのに適している場所が少なく、メンテナンスも必要など、コストパフォーマンスが非常に悪いといった欠点があると思います。


そしてもう一つ問題なのは、私も含め多くの人は、何かが起きてからじゃないと動き出せない場合が多いということです。今回の震災・計画停電以降、節電ムードが全国的に高まっています。裏を返せば、今ほどの節電はこれまで行われていなかったということです。震災に関係なく節電は実行できたはずなのに、それをしていなかった。震災によって意識が高まったのはいいことだと思いますが、それまでは意識が薄かったということの裏返しでもあります。

エネルギーの問題は技術的な部分も多く残されているとは思いますが、それ以前にまずは一人ひとりの意識の問題なのかもしれませんね。

スポンサーサイト
この記事のURL | 徒然日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<相田みつを美術館で… | メイン | ちっぽけな存在>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/537-fdeb2c0b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。