>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
GvG総合 考察その3 -阿修羅回避-
2006/03/13(Mon)
GvG総合に関する考察メモ その3


ダンサー系にとっておそらく現時点で最も脅威となるのはやはり阿修羅だと思います。


ゴスリン鎧などがあれば話は別ですが、私のモットーとして基本的にイレギュラーな装備なしでもやっていけることを前提にしたいので、ゴス鎧によるダメージ軽減は今回は省きます。

すると、おそらく最も簡単に阿修羅を回避する方法としてはハイディングがあげられると思います。サイトやルアフを焚かれたら使えませんが、Gv特化のダンサー系の場合はAGIに振ってる人はほとんどいないと思うので、ASPDに期待して詠唱中断というのもなかなか難しいです。


しかし、ダンサー系はこのハイディングをする際に気をつけなければならないいくつかの事項があります。


まずは、スキルのディレイに気をつけることです。特にメインで使うと思われるスクリームの場合、ブラギ無しの状態では発動後約3秒で効果がでますが、其の間は他のスキルを使うことはできません。そのため、スクリーム直後は非常に隙ができやすく、そこを狙われるとまずハイドでかわすのは無理です。そのため、近くにモンク系の人がいる場合はタイミングに注意する必要があります。最悪、スクリーム後ハイド可能になるまでの間は通常攻撃で時間を稼ぐのも一つの手です。


また、踊りスキルにも隙があります。踊りスキルはスクリームと違い、発動後直ぐに効果があらわれますが、こちらもブラギがない場合、発動して約3秒はスキルがアドリブで中断できません。武器交換によるアドリブ効果により即座に打ち消すことはできますが、アドリブのスキルの意味がなくなってしまう小技なので鯖によっては余り好ましく思われないかも。なので、踊りを発動した直後もやはり阿修羅に狙われやすいと思います。


ハイドするタイミングをしっかりと見極めるのが大切ですが、乱戦になるとそこまで余裕がないのも事実です。私も今ハイドで阿修羅をかわす練習中ですが、なかなかうまくいきませんorz
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 踊り子考察 -攻城戦編- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<踊り子装備 考察その1 -sロープかその他の鞭か- | メイン | スキル概論 考察その1 -ジプシーに合奏は必要か?->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/29-41c231d6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。