>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スキル概論 考察その1 -ジプシーに合奏は必要か?-
2006/03/13(Mon)
スキル概論に関する考察メモ その1


ダンサー系は多彩な単奏・合奏を行うことができます。しかし、ジプシーの場合、ArVやヘルモード、運命のタロットカードなどのスキルのことを考えると、スキルポイントはあまり無駄遣いができません。


Gv特化の場合は忘れないではあったほうが便利ですが、それ以外の単奏・合奏は必要なのでしょうか。
Gv型の場合は、ヘルモードの杖の取得条件が、OWN様を参考にする限り、集中力向上10+ダンスの練習10なので、これは対して苦にはならないと思います。


Gv型の場合は自分がとりたいスキルによって、残りのスキルポイントの振り方が変わってくると思います。もっとも焦点になるのは、個人的には『私を縛らないで…』をとるかどうかだと思っています。このスキルをとるということは、必然的に合奏スキルを一つとることになります。Gv型のジプシーでとるような合奏スキルは、現在の防衛方法などから考えると「ロキの叫び」くらいしかありません。仮に他の合奏をとろうとすると、其の分その下位の単奏にもスキルポイントを振らなければなくなるため、Gvでよく使う「私を忘れないで…」の続きでとれるロキくらいしかないでしょう。


ただ、普通に狩りをして転生二次でジョブ70にするのは実質不可能に近いという人が多いと思うので、より少ないスキルポイントでやりくりしなければいけないわけです。そうなると、果たしてロキをとる価値はあるのでしょうか。


ここで考えるべきもう一つの選択は「運命のタロットカード」です。このスキル、効果自体はなかなかなのですが、成功判定がある上に固定詠唱が1秒、ディレイが3秒あります。なので、かなり隙のできそうなスキルです。これをとるかどうかによってもスキルの振り方が変わってくるのではないでしょうか。


最終的には自分の優先するスキルをとればいいと思いますが、連合でGvをしている場合はダンサーさんなどが他にいる場合も多いと思うので、正直な話合奏はなくても特に不都合はないと思います。ジプシー自体、合奏に回るよりもArVで削ったりスクリーム、タロットなどを中心にしたほうがいいと思いますし。もし取るとしたらやはりロキでしょう。


ただ、私が思うに「私を縛らないで…」と相性がいい合奏がロキ以外にもあると思います。それは「戦太鼓の響き」「ニーベルンゲンの指輪」です。拘束しないで…を使うと、合奏をしつつ、踊りスキル以外の一般スキルも使うことができるので、戦太鼓orニーベルンゲンで味方前衛の火力を一気にあげて、なおかつ自分はスクリームなりArVなり…


TOMですかそうですかorz


ちなみに狩り型の場合はロキはいりませんし、合奏自体使う機会が少ないのでほとんど困ることはないと思います。しいていえば使う可能性があるのはニヨルドくらいかな?


Gv型の人はスキル振りで結構迷うかもしれませんが、最終的に自分が何をしたいのかを考えて振れば問題ないと思います。


【8/14追記】
最近では「私を縛らないで」の効果を用いてハイドとロキとの組み合わせなども見られるようになりつつあります。転生職も多くなってきたので、ジプシーまたはクラウンがロキ役に回るという手もありかもしれませんね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 踊り子考察 -スキル編- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GvG総合 考察その3 -阿修羅回避- | メイン | GvG総合 考察2 -ライン崩壊後->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/28-1f04c52a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。