>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
GvG総合 考察その1 -状態異常武器-
2006/03/13(Mon)
GvG総合に関する考察メモ その1


ダンサー系と聞くと、スクリームによるスタンのイメージが強いですね。


しかし、最近ではVITにふってる人も多く、スタンだけでは厳しい現状があります。そこで、今回はその他の状態異常を与えるための状態異常武器について考察してみます。

ダンサー系にはアローシャワー以外、ダメージの与えられる範囲攻撃がありません。そのため、前衛さんたちに比べて状態異常武器の使い道は狭まります。そもそも、状態異常武器で単体攻撃するくらいなら、叫ぶか踊るかどっちかのほうがいい場合がほとんどです。


ところがスクリームも踊りスキルも、どちらもかなり隙の大きいスキルでもあります。スクリームは発動してから約3秒後に効果が現れますし、ブラギに載らないと連射もできません。踊りスキルは発動こそ瞬間でできますが、一度発動してからアドリブで効果を消すにはブラギなしだとこれまた3秒近くかかります。武器交換を使ったアドリブ効果を使えば一応効果は即消せますけどね。ただ、この方法はアドリブのスキルの意味自体をなくしてしまうものでもあるので、鯖によっては余り好ましく思われないかもしれません。


一応ここでは武器交換のアドリブ効果はなしという前提で話を進めます。踊りスキルはともかく、スクリームの場合は上で述べた理由により隙のできた時間を有効に活用するには通常攻撃が最も簡単な手段となります。


一昔前の話ですが、私は沈黙ロープでWizメインにピシピシやってました。最近マルデュークcをつけたWizさんが体感的に少ないので、意外に沈黙にかかってくれます。緑Pで回復できるので効果としては微妙に思われるかもしれませんが、一瞬でも魔法を封じれるのは結構大きいです。其の間に味方が倒してくれるということもありますしね。


あとは、VIT前衛に張り付かれたとき用に睡眠ロープとかもいいんじゃないでしょうか。MBクリップなどと併用すると意外に効果は大きかったりします。


ただ、あくまでもダンサー系のメインの仕事はスクリームと踊りなので、状態異常武器は余裕があればでいいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 踊り子考察 -攻城戦編- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GvG小ネタ 考察その1 -無詠唱スクロール- | メイン | レース論 考察その1 -縁の下の力持ち->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/23-f4159914

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。