>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
For Yourself
2006/10/04(Wed)
どうにもならない 今日はせめて
笑い話にかえられますように
きみと生きてく 明日だから
這いあがるぐらいで ちょうどいい



私と同じ世代の人なら、このフレーズを聞いたことがある人もそれなりに多いのではないでしょうか。

これは私が子供の頃放送されていた『魔法陣グルグル』というアニメの初代ED『Wind Climbing ~風にあそばれて~』の一節です。

つい最近、この歌に久しぶりに触れる機会がありました。あの当時もすごくいい曲そしていいフレーズだと思ったんですが、今改めて聴くと何か心に響くものを感じました。

この曲を歌っているのは奥井亜紀さんという女性シンガーソングライターです。実はつい最近までこの人の名前すら知らなかったんですが(;´Д`)



この曲とはまったく関係ありませんが、最近ジンというアーティスト(グループ)の『雷音』という曲を聴いています。こちらはつい最近やってた『BLOOD+』というアニメのラストEDラストOPでした。

この曲、とにかく歌詞がものすごいです。どういう風にものすごいかというのは実際に聴いてみればわかります。簡単に言えば、多分最初聴いたときは「意味がわからない」と思います。というよりなんて言ってるのかすら聴き取るのが難しいかも。

でも、今CDを借りて歌詞カードを見ながら改めて聴きなおしてみると、ああ、この人たち、うまいなって思えるんです。歌が上手いのもあるんですが、歌詞の作り方が上手いです。

さて、以下、これらの曲を聴いててふと思ったことを。少し重い内容かもしれませんが、それでも読みたい方は追記へどうぞ。


幸せとは何でしょうか?

いきなりこんなことを言い出すと少し勘違いされるかもしれません。別に幸せが何であろうと、それは問題にはならないのです。

よく以下のようなフレーズが使われます。

「世界中の人が幸せになりますように」

では、この場合の幸せってどういうものなんでしょう。「世界中の人々が常にどんなときでも幸福な気持ちでいられますように」ということでしょうか。

しかし、それは不可能です。いえ、可能不可能というよりも、まずありえない話だと私は思います。だって、もし誰かが常に「幸せ」な状態で、まったく不幸なことが起こらないとしたら、その「幸せ」が「当たり前(=つまり普通)」になってしまうからです。

つまり、「幸せ」とは「不運、不幸」があって初めて存在するものだと私は思います。こんなことを書くと不謹慎な気もしますが、世の中の大半の物事は相対的な考え方で動いています。「誰かより幸せ」「あのときよりは幸せ」といったように。その言葉の裏側には、「不幸」の存在が隠れているんです。

でも、私はそのほうがいいと思います。辛いことや苦しいことがあるからこそ、幸せなときを一層幸せに感じられるんだと思うんです。そして上記のWind Climbingの歌詞にあるように「どうにもならない今日が笑い話にかえられる」ような生き方ができたら、それほど幸せなことはないのではないでしょうか。

しかし、そうやって生きることはそんなに簡単にできることではないでしょう。なぜなら、人の生活環境は日々変化するからです。どんな物事にも永遠というものはありません。私はそれを上記のジンの『雷音』を聴いてて感じ取りました。

だからこそ「自分自身」で考え、動いていかないといけないんです。これは今連載しているRO.S.S『Dark Cage』の一つのテーマでもあります。

偉そうなことを書いてきましたが、何もこれはこの文章を読んでいる人に宛てたものではありません。これは私自身への戒めです。ROでもリアルでもそうですが、私は流動的な部分があります。そしてそれが結果として周りにも迷惑をかけてしまうことになることも多いです。上にあげたのはあくまでも理想です。理想は理想で終わるかもしれませんし、多分そうなるでしょう。

でも大事なことはその理想を絶対に「忘れないこと」だと思います。

だから、ここに書いてあることが他の人にあてはまるかどうかまでは保証はできません。なんせ、これは「私自身が私自身のために」書いた理想ですから。これを見て笑う人もいれば同じ考えを抱く人もいるでしょうし、怒る人もいれば無関心な人もいるでしょう。でも、「それがその人自身の考え」なのだから、それでいいんだと思います。

本当に幸せな人は、わざわざ誰かのまねをしなくても自分で幸せを見つけ出すものです。

スポンサーサイト
この記事のURL | ROの話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10月08日のGvについて | メイン | RO.S.S 『Dark Cage』 第3話>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fily02.blog57.fc2.com/tb.php/200-f3ca151e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。